ご挨拶

まずはご挨拶。

投稿日:2017年11月29日 更新日:

Pocket

初めまして、「よしいっち」と申します。
各記事は色々調べて事実を確認して作成しておりますが、誤り等がありましたらご指摘ください。

よろしくお願いします。

立ち上げの当初の目的

さて、このブログは自分が所有する「自転車」についてあまりにも情報が少ないので、自分で調べて役に立った内容を記録しよう!と思い、立ち上げました。
しかし、色々なサイトを回っているうちに、他にも書きたいことがたくさん出てきてしまいましたので、色々書こう!と思い立ち、自転車以外のことも取り上げていきたいと思います。

所有している自転車

所有している自転は「クロスバイク」という括りのスポーツ系自転車です。
ブリジストン グリーンレーベル CYLVA F24 (2015年製) 色:ターコイズ
※現在は、ロゴや装備が一部変更されていて、私の所有するバイクは販売されていません。

クロスバイクとは

「クロスバイク」とはロードバイクとマウンテンバイクを組み合わせた自転車。ロードバイクの走行性能、マウンテンバイクの安定性など、両方の長所をあわせもつ。ハイブリッドバイク。
20171206150915d03.png

選定の理由

スポーツ自転車メーカーのTREK、BIANCHI、GIANT、MERIDAなどの海外のメジャーブランドに比べると、
なぜそれを選んだ?
となる部類の自転車ですが、子供に「CHeRO(クエロ)」というクロスバイクを購入する際に、一緒に購入しました。
購入の際、自転車店の店主から、ロードバイクにしなくて良いのか?と忠告されたのですが、以下二点のことがあったため、クロスバイクで妥協してしまいました。

・ロードバイクには高校生の時以来、乗っていなかったこと
・こんなに自転車のめり込むつもりではなかった

まとめ

私の自転車はクロスバイクとしては中途半端な位置づけで、「ママチャリ感覚」にも「スポーツ寄り」にもカスタマイズできるのですが、万人向けの安定志向設計であり、至る処で制約が発生します。
おとなしく乗っていれば実に楽しい自転車なのですが、「クロスバイク」乗っていると大抵、「ロードバイク」にアップグレードしたくなるんです。
20171206151057bfc.png

一生懸命走っていても、後ろから走ってきたロードバイクに「すーっ」と簡単に抜かれてしまうんです。
ムキになって追いかけてみても、ジオメトリー(設計思想)が根本的に違うのと、重量差や使用されている部品の差でやはり、追いつけないんです。
ならば、部品を交換して軽量化を図れば追いつけるのではないか、楽に走れるのではないかと。
ロードバイクに乗り換えれば良いのですが、使えるお金は限られており、一台うん十万円もする自転車はおいそれと買えず、
クロスバイク」をいかに快適にいかに速くいかに格好よくするかに凝りだしてしまったのです。
そんな訳で、制約を乗り越えるために色々と調べてみたものの見つからず、自ら試したこと等を情報共有してみようという気になったという訳です。
前置きが長くなりましたが、これからいろいろと情報共有として、記載していきますので、よろしくお願いします。
※あまりにも見づらいのと何を言っているのかわからない部分が多かったので、書き直しをしました。

-ご挨拶

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です