ファッション 暮らしに役立つ情報

レディースオーダースーツは超おすすめ?!

投稿日:2017年12月20日 更新日:

Pocket

近年、女性がスーツをオーダーするケースも増えていますが、レディーススーツをオーダーできる店はまだまだ少ないのが現状です。

少し調べてみましたが、女性のオーダースーツに関する情報が少ないので見つけるのに大変苦労しました。
情報が全く整理されていないので、はじめてオーダーを検討されている女性は色々不安があると思います。
ちょっと気になったので、情報をまとめてみました。
suit_double_woman.png

女性向けオーダースーツの基礎知識

男性向けのオーダースーツと比べると、レディースオーダースーツを仕立ててくれるお店は多くありません。
なぜなのでしょうか。
その理由は主に次の2種類だといわれています。

  • レディーススーツは特殊な技術が必要
  • 男性が多い業界なのでノウハウが確立されていない

男性が多い業界なのでノウハウがないのはわかりますが、特殊な技術が必要なのは、なぜなのでしょう?

レディースオーダースーツで特殊な技術が必要なわけ

女性は、ヒップやバストなど身体的に凹凸があり、しかも個人差がかなりあるので、特殊な技術を持っている「テーラー」※でなければ、レディース用のスーツを仕立てることができません。
※「テーラー」とは、スーツを仕立てる人のことで、最近では「フィッター」と呼ばれることもあります。
市販されている女性用のスーツは、この身体的な特徴の個人差に対応しきれていないので、身体にぴったり合うスーツを手にいれることが困難です。
しかも、レディースオーダースーツを仕立てるお店も少ないので、状況はさらに深刻です。
既製服を選んだ場合、以下のような悩みがあります。
「バストが大きくて上着がなかなか入らない」
「バストが合うスーツはあったが、他の部位が大きすぎたり小さかったりする」
男性でも同じような悩みはありますが、女性の場合は特に顕著です。

ノウハウが確立されていないわけ

スーツはもともと男性発祥のものなので、業界に関わる方は女性よりも男性の方が多く、オーダースーツ店のテーラーも基本的には男性ばかりです。
そのため、テーラーの男性が、女性の身体を隅々まで採寸することが難しく、身体のラインにぴったり合うスーツを作り難いのです。
※採寸とは、お客様の腕や肩など、身体の各部の寸法を計ることで、スーツを仕立てる工程の中の一つです。
また、男性ではどうしても、以下のような女心を理解できずにノウハウとして確立できていないのです。

・女性がどういうスーツを求めているのか
・体のどういう部分を隠して欲しいのか
・どの部分を綺麗にみせると女性が美しく見えるのか

高まるニーズ

presentation_woman.png
女性はワンピースやブラウスにスカートなど、比較的清楚な格好であればビジネスやフォーマルな場でも出席できます。
しかし、営業職、管理職、経営者など、キャリアを確立したい方が、スーツを選ぶことがおおくなっているので、自分の体に合ったスーツをといったニーズが高くなっています。
ひらひらした感じよりも、カチッと決めて、できる女性を表現できるのも魅力の一つです。

オーダースーツのメリット

オーダースーツには次のようなメリットがあります。

 

自分好みの一着が作れる
  • 生地やシルエット、サイズ感など、全て自分好みに作ることができる。
    スーツにこだわりがある方は、テーラーと念密に話し合うことで、思い通りの一着を作ることができます。
    「どんなスーツが自分に似合うか分からない」という方でも、初めのヒアリングの際に相談することで、経験豊富なテーラーからアドバイスを貰うことができる。
体型の悩みをカバーできる
  • 様々な補正ができるので、あらゆる体型の悩みをカバーし、スタイルを綺麗に見せることが可能。
    たとえば、ヒップが大きく「スーツを着たときにお尻が出てしまう」という方には、ジャケットの丈を長くすることで解消ができたりします。
    太もも周りが気になる方は、パンツのシルエットを補正することでカバーできます。
    バストが大きくウエストが細い方でも、各部位に合わせたサイズで仕上げることが可能となります。
第一印象が良くなる
  • 体のラインを綺麗に見せるスーツを着ることで、第一印象がより良くなります。
    第一印象が良くなることは、信頼が得られやすくなり、コミュニケーションが円満に進むことで、より自分に自信が持てるようになります。
体型の変化に対応できる
  • 体型が変化した場合でも対応できるように計算して仕立てます。
    たとえば、ウエストが5cmほど大きくなった場合でも、縫製の際に残した生地の余りを使ってお直しが可能。
    逆に、体型がスリムになり、スーツ方が大きくなってしまった場合でも、生地をカットするだけですので、何cm減ってもお直しが可能です。

 

オーダースーツのデメリット

当然、メリットがある以上、デメリットもあるわけです。

納品まで時間が掛かる スーツが出来上がっていない状態から仕立てていくため、最初に来店した日から、店舗によっては早くて2週間後、遅くて1ヶ月半程の時間がかかります。
期間はそれぞれオーダースーツ店の縫製方法によって変わってきます。パターンオーダー 比較的に納品が早い
イージーオーダー 比較的に納品が早い
フルオーダー   時間が掛かる
仕上がるスーツのイメージが湧きにくい スーツが出来上がってはじめて袖を通すことになるので、作成中の最初の段階では、実際に着用した時のフィット感だったり、見た目のシルエットなどイメージが沸きにくい。
しかし、要望や具体的なイメージをテーラーと話し合うことで、理想の一着を作ることができます。
返品がきかない 個人の体型に合わせて作るという特性上、他の方への販売が出来ないため返品対応ができない。

 

男性用とこの辺は変わらないです。

まとめ

suit_double_businesswoman.png
メリット、デメリットについては、男性用とあまり変わりませんが、女性ならではの身体的特徴にオーダースーツであれば適応ができるので、既製品を選ばれるよりもお得感が強くなります。
まだまだ実店舗でも仕立ててくれるところは少ないのですが、購入ができるお店もあるので、要チェックです。
現状の市販品に満足されていない方は、ご自身の体に合ったオーダースーツ、試してみてはいかがでしょうか。
オーダースーツは高いという感じがあると思いますが、自分の体にフィットして動きやすく、シルエットも素敵になると思えばとても安上がりです。この点に関しては男性でもオススメなのですが、女性ならば、尚更、シルエットを気にされていると思いますので大変おススメです。

インターネットでも注文ができ、レディースの取り扱いもあるショップも出てきたようなので、一度検討されてみてはいかがでしょうか?

■オーダースーツ販売

■既製品販売

 

 

-ファッション, 暮らしに役立つ情報
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です