ペット 趣味・趣向

食いつきの違うキャットフード「モグニャン」

投稿日:2019年7月8日 更新日:

Pocket

猫を飼っていて、「あまり食べてくれない」「餌の食いつきが悪い」といった悩みをもった方は意外と多いのではないでしょうか。
だからといって、あまり頻繁に餌を変えると、猫は「グルメ」な生き物なので、逆に食いつきが悪くなったり、食べてくれなくなります。
また、餌を食べないならばとおやつ代わりに煮干しなどを与えると「栄養過多」に陥って、体調を崩したり、病気になったりします。

いつもの餌では、食べてくれないし、おやつもあげてはいけないとなると、いったい何を与えれば良いのでしょうか。

猫に限らず動物を飼っていると、どうしてもこのような壁に当たりますが、相手は生き物、待ったなしです。日々の食事のことですから、急いで対策を立てる必要があります。

ただし、猫はそもそもがお腹いっぱい食べることをしない動物なので、そんなに心配しなくても問題ない事もあります。

ですから、まずは冷静になって、猫の食事というものを確認して、ちゃんと理解してから対策を立てていきましょう。

猫の栄養

猫が元気で健康に暮らせるようにすることは、飼い主の使命です。
大切な家族の一員ですし、言葉は話せませんが、愛情たっぷりに育ててあげたいですよね。
猫は気まぐれと言いますが、しっかりと愛情を与えれば、きちんと答えてくれます。
ですから、飼い主として、家族として、しっかりと知識を得て健康に気遣ってあげましょう。

さて、猫の健康を保つためには、栄養バランスのとれた食事が欠かせません。
たっぷりの「新鮮な水」「猫に合わせた食事」が必要ですので、猫の餌は、必ず「たんぱく質」「炭水化物」「脂質」「ビタミン」「ミネラル」のバランスの取れたものにしてあげる必要があるのです。

年齢、健康状態で変える

猫は「一生を通じて同じ餌を食べるものだ」と考えている人も少なくないようです。
中には、昔ながらの「猫まんま(ご飯に味噌汁をかけたもの)」を与えておけば良いとの考えの方がいるのも事実です。

昭和初期ごろまでの昔は、それでも良かったのです。
栄養が足りない分を猫が自分で補うために、ネズミを捕らえて食べていたからです。
衛生面等が悪かった時代は、ネズミもあちこちにいたのですが、このご時世では家の中にネズミが出ることは、ほぼ無いので、猫が自分で栄養補給をすることができません。

そのうえ、最近の猫は運動量も少なく、ほとんど家の中だけで暮らしているので、あまり食べさせすぎると太ってしまう可能性さえあります。
また、年齢や健康状態などによって栄養ニーズは変化します。
たとえば、ナトリウム、たんぱく質、脂質が少ない高齢猫用フードは、シニアの猫には理想的かもしれませんが、しっかり成長するためにたっぷりの栄養が必要な「子猫」には十分ではありません。
人間でも同じですよね。

育ち盛りの子供に薄味のご飯を出しても、味がしないと言って食べてくれないし、お歳を召した方に対して、コテコテの分厚いステーキを毎日のように出したり、脂っこいものを率先して出したりすることが無いのと同じです。胸やけや胃もたれのもとになってしまいます。

もちろん、一部には元気な方もいらっしゃってモリモリ食事をされているということもありますので、全ての方には当てはまりませんが・・・。

与えてはいけない食べ物とは

しっかりと栄養のあるものを与えなければならないのですが、猫に「人間の食べものを与えてはいけない」理由をご存知でしょうか。

人間の食べるものは「栄養価が高いので、きっと体にいいはず!」と誤った認識で与えてしまうと大変なことになります。体の造りや体組織が異なるので、以下のようなことが起こってしまうので、絶対に与えてはいけません!

・タマネギやニンニクは貧血の原因となる
・アルコールは微量であっても猫には有害となる
・「タコ」や「イカ」は腰を抜かしてしまう

これらの食べ物を摂取してしまった猫の様子が、おかしいことに気づいたら、すぐに動物病院へ連れて行きましょう。

ならば、何をあげれば良いの?

栄養価の高い人間の食べ物ではダメなら、何を与えれば良いのでしょうか?

それは、猫専用につくられた「キャットフード」が最適です。

人間の食事と同じ物は、例え栄養価が高くても猫にとっては、栄養のバランスが良くありません。
人間と猫の必要とする栄養素は違うのです。
人間には人間の、猫には猫の必要な栄養のバランスがあるのです。

猫専用につくられた「キャットフード」は、必要な栄養がバランス良く作られているので、最も適しています。
ですから、猫には「キャットフード」を与えてあげてください。同時に「新鮮な水」も与えてあげてください。

1日の食事量は、キャットフードのパッケージに記載されている目安を基準に、「猫の体調」「体型」を飼い主が考慮して調整してあげないといけません。必要以上に食事を与え続けると「肥満」の原因になるからです。
また、猫は「グルメ」でもあり、一度おいしいものを食べてしまうと、それよりおいしくないものは食べなくなってしまいます。
味付けの濃いペットフードや人間の食べ物などを食べていると、病気になった時に、治療用の食事を食べずに困ってしまうことになるのです。
そのため、子猫の時から与えるものには十分注意をしておきましょう。

でも、どんな「キャットフード」が良いの?

ペット屋さんや大手量販店などにペットフードを見に行くと、あまりの種類の多さに驚いてしまいます。その中からこれだ!と思うような餌を決めるのはなかなか大変です。

では、どのような餌を選べば、栄養価が高く、よく食べてくれるようになるのでしょうか。

猫を購入したのであれば、購入店で与えられていた餌が一番慣れています。
最初は、購入店で与えていた餌から与え始めて、徐々に変えたい餌を加えて「比率」を増やして行き、最終的に変えたい餌に切り替える方法が最も効率的です。
たまたま、猫のお眼鏡にかなって食いつきのいい餌と出会えたとしても、いきなり全部を変更してしまわないほうが良いです。
あなたの与えたい餌が、「おいしい餌」「高級な餌」なら尚更です。今までの餌を食べきる前に切り替えてしまうと、元の餌を食べなくなってしまい、無駄になってしまうからです。
もちろん、初めから元の餌を処分するなり、他の方に譲るなりの予定があるなら別ですが、そうで無いなら徐々に変更するのが、無駄なく餌の切り替えを成功する「ポイント」です。

先ほども述べましたが、猫はグルメな生き物なので、一度おいしいものを与えてしまうと、それ以外は食べなくなってしまいます。
それでも良いものを食べさせたい!と思うのは、飼い主の性でしょうか。
ご自慢の猫ちゃんでしょうから、当然ですよね。

そんな「目に入れても痛くないほどかわいい猫ちゃん」に、ぜひ食べてもらいたいキャットフードをご紹介します。
それは、「抜群の香りと味わいを追求したプレミアムキャットフード『モグニャン』」です。

【プレミアムキャットフード『モグニャン』】

「うちの子が美味しそうにごはんを食べる姿を眺めるのが幸せ」
「健康的なごはんでいつまでも一緒にいてほしい」

そんな愛猫家の皆さまの思いに応えるべく、ペットフード通販専門店がイギリスの生産現場にも何度も足を運び、1年以上の歳月をかけて開発された、オリジナルキャットフードの「モグニャン」。
人間も食べられるほど上質で新鮮な食材を使用し、愛猫の食欲をそそる抜群の香りと味わいを追求した栄養たっぷりのプレミアムフードです。
皆さまの愛する我が子のために、そして我が子を思う飼い主様の想いのために、レシピから作り上げたこだわりのスペシャルフードを是非お試しください。

嗅覚の敏感に猫の食欲をそそる薫り高い魚がふんだんに配合されていて、高タンパクで栄養バランスがしっかり整ったキャットフードです。

このモグニャンキャットフードは通販限定での取り扱いのため、店頭では入手できません。

・穀物不使用(グレインフリー)で、ヒューマングレードの原材料を使用しています。
・白身魚たっぷりで袋を開けた瞬間から香ばしい魚の香りが広がります。
・高タンパク、グレインフリー

白身魚をたっぷりと63%含んでおり、高たんぱくで栄養満点です。さらに、猫が消化しずらい穀物を一切使用しないグレインフリーのレシピで作られているので、子猫からシニア猫までこれ一つで健康管理ができます。

モグニャンキャットフード

うちの愛猫にすこし与えてみたところ、食いつきがあまりにも違うので驚きました。ちなみにベンガル(雌)です。
チョコベビー程度くらいの粒なので、食べやすいのかもしれません。
袋をガサガサするだけで、尋常じゃないスピードで飛んできます。
なんか、今まであげていた餌が可哀そうなくらいです。

匂いは魚の感じはしますが、生臭い感じはなく、ちょっと香ばしい美味しそうな匂いがします。市販のキャットフードよりも断然美味しそうな匂いがします。

お値段はそれなりにしますが、納得の食べっぷりで飼い主も猫本人も大満足すること間違いなしです。定期購入すると割引の特典もあるようなので、上手に利用して、お得に手に入れましょう。

愛犬家にはこちら「モグワン」

猫に限らず、愛犬にもおいしい物を上げたいですよね。そんな時は、「モグワン」。

こちらも同じコンセプトでつくられていて、現在TVCMも流れていますからご存知の方も多いのではないでしょうか?

こちらも店頭販売はなく、通販限定商品です。

モグワンドッグフード

-ペット, 趣味・趣向
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です