徒然日記

ソロキャンプに行きたい。

投稿日:2020年8月25日 更新日:

Pocket

最近、ソロキャンプに行きたくてたまらないです。
人との関係に疲れてしまいました。

誰かとキャンプに行く際は、場所と日付を決めて、何を持っていくかを決めて、食事で何をつくるか、飲み物は何にするか、コンロはどうするのか、薪などはどうするのかなど、決めなくてはならないことが沢山あります。
ですが、ソロキャンプなら、それらすべてを自分で決められて、自分で判断して、自分で実行できます。
誰の指図も受けずに、好きにできます。
行くのも止めるのもすべて自分の判断です。
そのため、何も気にしないで気軽に行けるというのが、良いですね。

他の人と行くと、分担することができたり、協力することができるので、何をするにも楽なことも多々ありますが、とにかく、人と関わりあいたくない。というのが一番の理由です。

ただ、ソロでは、他人がいない分、全て自分の責任です。
ですから、怪我をしたりしても、全て自分で対応しなくてはいけません。
まあ、それらをひっくるめても一人で行きたい!という衝動に駆られてしまいました。
そこで、ソロキャンプに行くための装備をコツコツと少ない小遣いの中から捻出して買い集めて、やっと何とか一人で行っても何とかなりそうな装備がそろってきました。

家族や友人とのキャンプは散々行っているので、細々とした手続きやら、何やらはわかるので、大して気にはならないのですが、最近の暑さは暴力的なので、ちょっと行きづらい状況です。

個人で揃えた装備なので、なるべく安く、でも実用的な物と言ことで、揃えてきました。

揃えた装備は以下の通りです。

揃えた装備

まず、頃キャンプに行きたいなーと思って、まず真っ先に浮かんだのは、テントですね。
ちょうどいい具合に、amazonのプライムデーで安いテントが出ていたので飛びついたところから始まりました。
ですので、まずは、テント周りの品を紹介します。

テント

買いそろえたテントは、BUNDOKのソロドーム 1 BDK-08 です。 本当は、BDK-06が欲しかったのですが、生産中止になったのかありませんでした。
メジャーメーカーのCOLEMANのツーリングドームは出来がいいのは分かっているのですが、何分値が張ります。極力値段を抑えて、性能の良い物をと思って選んだものです。

特筆点は、値段が安いのに、きちんと防水性能が高いこと。耐水圧は3000mmもあるので、雨の日でも安心です。
ベンチレーションも付いているので、換気も安心。
小物入れも、頭と足の部分にそれぞれ付いており、頭上にもフックとハンモックネットが付いており、非常に便利です。

残念ポイントは、3シーズン春、夏、秋しか使えそうもないこと。というのも、インナーテントは8割がメッシュであり、フライシートの裾野はスカートが付いていないので、風が入り放題となるので、
寒さについては、外にいるよりは少しだけましな程度にしかならなさそうだという点です。
それと色がブルーなのも少し気になりますかね。何となくブルーシートを思い出してしまいますが、最近は、カーキなどの別色も出ているので、色々選べます。
そのうち、フライシートの裾野にスカートをつける改造?をしてみたいと目論んでいます。

こちらのテントは、ツーリングや自転車で旅行される方にも評価が高く、軽くて丈夫といった評価が多いので、購入しました。
実際に立ててみたところ、少し悩みながら10分程度で建てられました。慣れれば、5分ぐらいかと。
4人用のテント(300mm×300mm)だと15分から20分ぐらいかかっているのですが、約半分かそれ以下で建てられます。
フライシートはインナーテントと四隅でカチッと留め具で止められるので、簡単です。
悩みどころは、ポールはクロスして通すものだとばかり思いこんでいたのですが、前後の両端に同じポールを刺して反ったポールの頂点をクロスするといった方法に気付くまでに少し時間がかかりました。
それ以外は、難なく簡単に立てられました。

グランドシート

GEER TOPのグランドシート 200です。 サイズは 90×210 のMサイズ。上記テントの下に敷くのに最適です。
テントとセットの様になっていて、全て合わせての価格で出ていたので、一緒に購入した物です。
こだわりないので、ビニールシートでも問題ないと思っていたのですが、セット購入してもテントのもとの値段にも届かないので、購入してしまいました。
ブルーシート系では、防水には少し不安はあるので結果的には購入して良かったかなと。

 

 

エアーマット

グランドシート、テントのインナーの下部でそこそこ冷気は押さえられますが、地面の凸凹はどうにもできません。そこで、インナーマットか、エアーマットか、コットを選ぶことになったのですが、エアーマットをチョイスしました。
まあ、これもテントとセットでいくらって感じになっていたものなので、まんまとamazonさんに乗せられているわけですが、これ結構いいです。
KOOLSENのエアベッドです。

防水加工がされているので、水弾きも良く、空気を入れる際に口で入れても簡単に膨らみます。とにかく便利なのが、非常にコンパクトに折りたためることです。
ちょっとした水筒程度の大きさになります。
家族で行く際に使用しているエアーマットは、2人用の物で、空気を入れるのがなかなか大変でした。足踏みの空気入れで、全部入るころには、結構汗だくになるという感じなので、それに比べたら雲泥の差くらい小さく軽く、空気を入れるのも楽です。
枕部分が少し高くなるので、寝るときも楽です。この上にシュラフを敷いて寝るので、思った以上に快適です。
ポンプ内蔵式の物もあるのですが、こちらは、少し出っ張りがあって、寝返りの際にあたるのが嫌なので、私はこちらを購入して良かったと思っています。

まとめ

これらがセット売りで 10,721円でした。プライムデー様々です。
全部で4,020円のお得でした。

ということでテント周りを一人用にしたので、その他の装備も一人用にしたいという野望をもってしまったのです。
きっかけは、こんな感じで始まり、あれも、これもと揃えているうちに何とかソロキャンプができそうな準備が整ってきたので、気温が下がってきたら行こうかなと目論んでいます。

でも、気温下がってきたら今度は台風・・・困ったものですね。
もう少し寒くなるまで我慢かな・・・。



アウトドア&フィッシング ナチュラム

-徒然日記
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です