徒然日記

ついにPCが骨董品になった?

投稿日:2020年10月21日 更新日:

Pocket

先日、久々にFPS系のゲームをしようとスペックを確認して、まだ何とか現状のスペックでもプレイ可能だなーと思いインストールしてプレイをしてみました。
ところが、最低スペックは十分満たしているのに、「落ちる」現象が多発します。
ゲームの公式サイトを見ても「落ちる」現象が多発しているようなので、最初はソフトの問題か?と思っていました。
また、10年以上前に自作したPCなので、それが原因なのか?とも思いました。
CPUも第4世代のCore-i7だし、グラフィックボードも補助電源無しのミドルグレード(の下位?)だし・・・
あれ?骨董品になってしまった? と思ってしまいました。

骨董品と認識させられたゲーム

それは、「原神」という中国で作成されたゲームです。

サービス開始当初はスパイウェアが仕込まれていて、危ない!とネットでも悪評が高かったゲームですが、現在は、疑いが晴れて?現在好評配信中のゲームです。
どうやらこのスパイウェア疑惑については、チート防止プログラムであることと、根拠となったであろう常駐型の仕様が改められて、プレイ中のみ稼働となったこと、加えて公式にスパイウェアではないことの発表がされたことで鎮静化したようです。
スマホ、IPhone、PC、PS4の4つのプラットフォームで提供されているので、PC版を試してみることにしたのです。

ランチャーからゲーム画面には無事推移して、ゲームを開始して数分は何の問題もなくプレイできていたのですが、チュートリアルでキャラクターのステータス確認画面を開こうとしたら、突然、ゲーム画面が消えてデスクトップ画面が表示されたのです。

・・・落ちました。

スペックは、十分満たしているので、問題ないはずだと思ってプレイしていた矢先です。

<対応可能デバイス>
システム:Windows 7 SP1 64-bit、Windows 8.1 64-bit、Windows 10 64-bit
CPU  :intel Core i5(第4世代以上)
RAM  :8G
ビデオカード:NVIDIA Geforce GT 1030
DirectXバージョン:11
ストレージ:30GB以上の空き容量

<推奨デバイス>
システム:Windows 7 SP1 64-bit、Windows 8.1 64-bit、Windows 10 64-bit
CPU  :intel Core i7(第4世代以上)及びより優れた性能を持つもの
RAM  :16G
ビデオカード:NVIDIA Geforce GTX 1060 6GB 及びより優れた性能を持つもの
DirectXバージョン:11
ストレージ:30GB以上の空き容量

気を取り直して、再ログインして何度か実行しましたが、必ず同じところで落ちます。
対応可能スペックは満たしていますが、グラフィックボートが補助電源レスなので、性能が足りないのかな?と思いつつ、仕方ないので、画面の表示設定をデフォルト(通常)から最低に設定してみました。
再実行してみたらうまく動作したので、「きっとグラフィックボードも古いし、電源レスだから負荷に耐えられなかったんだな」と勝手に思い込みで納得してプレイを続けてみました。

ですが、今度は違う場所で「落ちる」ようになったのです。
PCの再起動、ソフトの再インストール、設定の変更と、色々試してみたのですが全く効果なしでした。
凹みましたね。

原因?

自作PCですが、当時でもそこそこのスペックで組んでいたので、この程度の仕様で動かないはずはないと思って色々試したのですが、全く効果ありませんでした。
それでも、ランチャーからゲームの再ログインをすれば動作するので、だましだましプレイをしていました。
ですが、あまりにも頻繁に「落ちる」ようになってしまったので、これは、本格的にグラフィックボードの買い替えが必要か?と思い始めてきたのです。

というのも、PCの購入当時に購入したグラフィックボードは、突然クラッシュして故障してしまい、急遽ありあわせで購入した物だからです。
そこそこ動いて安い物で良いやと購入したのが、現在使用している「NVIDIA GeForce GTX1050TI(補助電源無し)」というグラフィックボードです。

補助電源が不要でもそこそこの性能は出るし、大抵のソフト、ゲームであれば難なく動作するので、今度も問題ないだろうと思っていたのでショックでした。
画面の設定を「最低」に設定して動いたことから、このグラフィックボードが原因かな?と思ってしまったのです。

検討

そこで、グラフィックボードの強化を目的に買い替えを検討してみました。

最低スペックで「NVIDIA GeForce GT1030」で動くとされており、推奨は「NVIDIA GeForce GTX1060 6GB」なので、推奨レベルのグラフィックボードで安いものがあれば、これを機に替えてしまおうと目論みました。

が、最近のグラフィックボードは高いですね。
上を見たらうん十万、ミドルグレードでも3万円前後から5万円前後、ロウグレードで1万円前後から2万円台。
正直、無理!とか思いました。
たかが、ゲームにこんなに金掛けられん!と思ってしまったのです。

対応可能デバイスの見直し

そこで、もう一度対応可能デバイスを見直したところ、違うところに目が行きました。
RAMの仕様です。
対応可能で8GB、推奨16GBとあったので、これだ!と思いました。

WINDOWS10は、4GBでもなんとか動くのですが、快適ではありません。
そこで、メモリーは4GB×2の8GBを積んでいたので、問題ないと思っていました。
しかし、普通の作業や普段使用するソフトなどは問題なく動作していただけでした。

OSもWindows10を使用しているのですが、32ビット版ではなく64ビット版なので、メモリーは8GBもあれば問題ないだろうと思っていたのがダメだったようです。
マザーボードのメモリスロットを確認すると、まだ2つポートが空いていたので、増設可能な状態でした。
それならば、メモリーの増設をすれば、安く問題解決できるのでは?と思ったのです。
それでだめなら、再度グラフィックボードを検討すればいいやと割り切りました。

早速実行

早速、パソコンショップにメモリを買いに行きました。
10年以上前のPCなので、使用できるメモリの規格があるか不安でしたが、現在使用しているものと同じメモリ(4GB×2)がそこそこの値段でありました。
ネットで同じ商品を見たら、店頭の値段の方が少し高かったのですが、すぐ欲しかったので購入してしまいました。

家に帰り、きちんとマスター電源を落としてから設置し、PCを起動をすると普段よりも立ち上がりが少し早い気がしました。
ドキドキしながらゲームを起動してみると無事起動したので、一安心です。
早速、キャラクターのステータス表示、以前「落ちる」ポイントに移動させたり、アクションをしてみましたが、全く問題ありませんでした。

本来は、原因をイベントビューアーのApplicationでエラーを確認すれば、原因特定が可能なのですが、何となくPCの仕様のうちのどれかかかな?と思っていたのでメモリーが原因でよかったようです。
ログを確認したら、何となくメモリーが原因のようなエラーだったので、正解のようです。

購入金額はネットよりも多少は高くついてしまいましたが、金額の単位としてはグラフィックボードを買う金額の1桁分下で収まったので、良かったです。

まとめ

ゲーム開始した当初は、PCが骨董品になってしまった!と落胆していたのですが、まだ何とか使えそうです。
ゲーム以外では全く問題ないので気にもしていなかったのですが、今回のことで、改めてPCの世界の進歩は早いなーと思った次第です。
まあ、10年以上も前のPCで現在も使えている自体で、当時「どれだけオーバースペックの物を使用していたのか」と思い知った事柄でした。

ご自分のPCスペックを見直してみるとあらたな発見があるかもしれませんよ。

最近のゲームはメモリをよく使用するようです。
昔のゲームはRAMが8GBもあれば余裕で動作したのですが、WEBゲームですら動作不能に陥ります。
ですから、現在も古いPCで比較的最近のゲームをするのであれば、まず、メモリ(RAM)を疑ってみると良いかもしれません。
試しに以前始めて見たものの、移動画面やログインしてすぐに「落ちる」現象が発生していたTERAを立ち上げてみましたが、こちらも問題なくぬるぬる動きました。
どうやら、これもメモリ不足が関係していたようです。
当時はサポートに連絡したり、関連サイトで確認したりしましたが、原因がつかめず、諦めてしまっていたので、原因らしきものが分かって良かったです。
今まで使用していたソフトも、以前よりは立ち上げだったり動作が軽くなった気がしているので、メモリ増設して良かったです。

-徒然日記
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です