徒然日記

ソロキャンプに行きたい。(6)

投稿日:

Pocket

一通り、ソロキャンプへ行くためのギア(装備)を整えたのですが、寒くなってしまい、当初用意したテントでは、寒くてとても耐えられないだろうと、対策をしました。

・テントにスカートをつけて、冷気が入り込まないようにした
・100円均一の薄い銀マットをインナーテントの周りに張り巡らせた
→単にグルーっと一回り囲むようにして、上部は換気のために開けておいた

これだけで、とても暖かくなりました。
念のために、地面に接する部分にも同じシートを敷くことで、さらに保温効果がアップです。

とはいえ、保温が増しただけで、暖かくなるわけではありません。
そこで、最初に考えたのは、シュラフの二重化です。

シュラフ対策

手持ちのシュラフは、夏用のシュラフと秋冬用のシュラフがありますが、どちらも封筒型。
どうしても肩口が寒いのです。
最近の朝晩はとても冷え込んでいますので、朝の布団を想像したときに、首・肩のあたりに少しでも隙間があるとひやーっとした空気が入ってきて寒い!
という経験があると思います。
まさにその状態で外にいるわけですから、非常に冷えるわけです。

ですから、夏用シュラフをインナーシュラフとして、冬用シュラフで包んでみようと思って、試してみました。

W封筒シュラフ

多少暖かいのですが、やはりどうしても封筒型は、封筒の入り口の方から胸のあたりまで冷気が入り込んでしまい、寒っ!となるわけです。
一枚の時よりは多少暖かい程度で、結局は夏用のシュラフが通期性が良い感じのため、結果寒いのだという結論になりました。
掛け布団の下にタオルケットで寝る場合と、毛布を掛ける場合では、保温性が異なるのと同じ状態です。断然毛布の方が暖かい。

封筒型シュラフのなんちゃってミマー化

次に対策として考えたのは、封筒型の入り口付近にひもを通して、マミー型の様に絞れるようにしてしまおうかと考えました。
しかし、ひもを通した部分が、ほつれたり、破れたり、綿が出てきてしまうようでは、役に立ちません。
マジックテープで閉まるようにしてしまうことも考えたのですが、首のあたりにマジックテープが当たって「チクチク」するのも嫌だということで断念しました。

保温シートをインナーシュラフに

次に考えたのは、災害時にくるまる銀のシートにくるまって、インナーシュラフとしてしまうことです。
これは結構手軽に対策というより、単に包まってシュラフに入るだけなので、予算的にも加工もしないので、簡単なのですが、寝返り打つたびに「カサカサ」いうので、ちょっと嫌ですね。
オマケに体に巻き付けるので圧迫感が半端ないです。

結局インナーシュラフ

では、冬キャンプしている人たちはどのようにしているのかと、Webを徘徊してみたところ、やはり、インナーシュラフを利用するのが良さそうだとの結論に至りました。

今ある封筒型はそのまま活かせるし、シンナーシュラフなら、場所も取らず持ち運びも便利!ということで、インナーシュラフを用意することにしたのです。
インナーシュラフも色々あるので迷ってしまいましたが、以下の物を選んでみました。

 

届いてから取り出してみて肌触りを確認したところ、とてもすべすべしていい感じです。
フリース素材な感じでチクチクもしないし、頭まで被ってひもを締めたところ、とても暖かいです。
温度を15℃まで向上してくれるとのうたい文句も本当にそのままのようです。
試しに、家の中ですが、窓を開けてこのインナーシュラフに包まって毛布だけ掛けて寝てみました。

すごいです!暖かいです!それどころか汗かく位です。
普段頭まですっぽりと覆っていないので、頭に汗をかきました。
ちなみに、服装は、Tシャツ・パンツの上に寝巻程度の薄いトレーナーの上下です。
ちょっと舐めてかかっていました。
レビューコメントでは、「暖かいので重宝するが、収納袋に入れずらい」とあったので、すぐに畳んで試してみましたが、きちんと丸めれば楽に袋に入るし、付属の袋が圧縮できる仕様なので、ひもを引っ張って圧縮するととてもコンパクトになります。
(通常27cmが長さ19cm程度になると説明にあったのですが、実際は16cmぐらいの塊にまで圧縮できてしまいます。)
収納も全く問題ありません。

とにかく、こんなにも暖かいのですね。
寝るとき、頭にタオル巻いて寝ないといけないかもしれません。
これなら封筒型のシュラフに包まってしまえば、何とかなるのでは?と思いました。
問題は値段でしたが、12℃まで向上する物が6,000円前後で15℃まで向上するものが5,000円前後(なぜか保温効果が高い方が安い)とあったので、当然安い方を選びました。
幸いにも購入先のポイントがあったので、実際にはもっと安く購入できて、ラッキーでした。
とても良い物購入した感じでいっぱいです。

まとめ

テントに寒さ対策もできたし、シュラフにも寒さ対策ができたので、これで冬季もかなり安心してキャンプに行けそうです。

で、やっと、キャンプにはいくことになりそうです。12/5,6で行ってくる予定ですが、3人でそれぞれが、ソロ装備でソロキャンプ・・・。

漫画でありましたよね「ふたりソロキャンプ」ってのが。
漫画の主人公は、かわいいJD、卒業して専門学生とのキャンプですが、こちらは花も実もないおっさん3人のソロキャンプ。
ちょっとムサイですね。
何が悲しくて、おっさんと行かにゃあならんのか理解に苦しみますが、まあ、何とかなるでしょう。

楽しく行って来たら実施報告をします。こうご期待。



アウトドア&フィッシング ナチュラム

-徒然日記
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です