徒然日記

キャンプ用の薪ストーブが欲しい!2

投稿日:2022年2月25日 更新日:

Pocket

以前、同題名で、キャンプ用の薪ストーブが欲しいと宣っていましたが、色々と調べているうちにメリデメがはっきりとしてきました。

私は、自称、低予算キャンパーなので、以前紹介した薪ストーブでも高いと思うのに、さらに予算オーバーな商品を探し始めてしまったのです。

何故ならば、薪ストーブを購入しても、使わないときの置き場(収納場所)がない!ということを失念していたからです。

煙突部分は何とか本体に収納できても、それなりの場所を取るので、パートナーから「邪魔っ!」とか言って、捨てられそうになる事がありありと脳裏に浮かんできます。

そこで、何とか収納スペースの場所を取らないものを探さなくてはっ!と思い立ったのです。

欲しい物の条件

とは言ったものの、やはり値段の高い物では困るので、できるだけ低価格な物を探すことにしました。

やみくもに探すと目移りするので、条件を以下の通り整理してみました。

【欲しい物の条件】 ・低価格であること
・コンパクトであること
・収納に場所を取らないこと
・煙突の直径が60mm程度であること
【できればあると嬉しい条件】 ・ガラスの小窓があり、炎が見れること
・ダンパー(廃棄調節のための回転式が望ましい)があること
・スパークアレスタがあること(煙突から出る火の粉を軽減する煙突先端の金網状等の部分)
・収納袋があること
・手入れが楽であること
【いらない機能】 ・直火が使える開閉用の蓋つき天板

とりあえず、整理ができたので、こんな物あるのか?と思いつつ探してみました。

コンパクト、煙突が60mmで低価格(とはいっても2万円以下)な製品はあったのですが、どうしても「収納に場所を取らない」が解決できないのです。

見つけたっ!

中々条件に当てはまるものがなく、うーーーんと悩んでいたのですが、解決ができそうな製品を見つけました。

それは「組み立て式薪ストーブ」です。

本体 :天板と折り畳み式の横板・全面扉・背面板・底面板を組み立てるとガラス窓付きの薪ストーブになる。
煙突 :煙突部分は細長くて薄めの鉄板を丸めてリングで押さえることで煙突になる。
付属品:本体と煙突の間に回転式ダンパーが付いていて、スパークアレスタも標準で付属する。
それらをきちんと収納できる袋がセットで販売されているものがありました。

これ、ほぼ望みのままの薪ストーブです。
いや、ほんとに希望の機能すべてが詰まっています。

要らなかった機能もしっかりと希望の状態なので、本当にあり得ないくらいにマッチングしました。

おまけに側面までガラス窓があり、要望以上の内容です。

でも、ここで少し考えてしまいました。
というのも、これまで揃えた道具はすべてコンパクトで良いのですが、必ずと言って良いほど、設営・撤収の際に時間がかかるのです。
コンパクトになる分、組み立て、解体の時間がプラスされるわけですから、当然、大変になる訳です。

うーん、設営は何となく気分がハイになっているから特に気にならないのですが、撤収の際に細々した物を折りたたむのは中々大変です。

・・・それなら、取り出せば煙突をくみ上げるだけで使用出来る大きな薪ストーブにして、パートナーにグチグチと言われる方が楽かな?等と悩んでしまいました。

シーズンオフには、絶対邪魔だよなー、外に保管するにも場所取るし、絶対邪魔だよなー・・・とそればかりが気になってしまいます。

メリデメの整理

頭の中で悩んでいても、どうにもならなくなってきました。

仕方ないので、メリデメを整理してみると、ほぼメリット・デメリットが真逆の結果になりました。

メリット デメリット
折り畳み式 ・保管の際にコンパクトで場所を取らない
→軽量コンパクト
・希望の機能がすべて詰まっている
・メンテナンスの際、掃除が非常に楽(本体・煙突)
→折りたためるので仲間で掃除がしやすい
・設営・撤収の際に時間がかかる
・組立式のため、剛性が低い(壊れやすい?)
・価格が固定式よりも高価
固定式 ・設営・撤収が楽
・剛性が高い(壊れにくい?)
・折り畳み式よりは価格が安い
・保管の際に大きな場所が必要
・手入れが結構大変(煙突掃除用のブラシが別途必要)
・収納袋・スパークアレスタが別売りの場合があり
→別途入手が必要な場合が多い
・いらない機能があるものが多い
→ほとんどが天板に直火用の蓋が付いている

あちらを立てればこちらが立たず、こちらを立てればあちらが立たずといった状態。

コンパクトに収納できるのかといった問題を解決するには、どうしても手間を惜しんではいけないという結果です。

まあ、今後どれだけ使用するのかわかりませんが、たまに使用するぐらいなら少し手間がかかってもいいかな・・・わざわざ大変さを味わいに行くわけだし・・・と思えば、多少時間がかかっても・・・

しかし、できるだけ楽をしたいというのは正直なところです。

結論、どうしよう?

事の始まりは、収納に場所を取るから、コンパクトに収納できるもの!として探し始めたのだから、当然折り畳み式にすべきだとはわかっているのですが、どうしても値段と手間が気になってしまいます。

そんなに手間ならやめてしまえ!と言われてしまいそうですが、何とかしたいのも正直なところです。

で、結局どうしたかというと、まだ 決められず、悩んだままです。

どちらも良いところがあり、悪いところがあるので、一番欲しい機能で選ぶのが良さそうです。

なので、結局、折り畳みがいいなということになりました。

が、・・・・なかなか最近はキャンプに行く日まで取れず、先延ばしにして購入にまで至っていないです。

さて、皆さんなら「折り畳み式」と「固定式」どちらを選びますか?

その他の折り畳み式の薪ストーブ




-徒然日記
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。